虚弱だったノラドラが本気で心身の自己改善に乗り出し、どんどん元気に幸せになっていく実録ブログ(のはず)。なんと、ブログ連載中にアラフォーで結婚。またも体調を崩しぎみ。これではいかん!頑張るぞ~!
プロフィール

のらどら

Author:のらどら
ノラドラです。「今どき一家 ノラ家の日常」では一足お先にお世話になっています。ここはノラ家の次女、ドラの、まったりプライベートなコーナーです。よろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

PR

☆ノラドラセレクト☆


私が実践中!(^-^)


これまでに記事で紹介した本などのまとめ


私もやってる宝地図。部屋に貼ってます。(^-^)。



 
       
難しいけどすごい本です


 

        
お掃除で開運する本!




      
私のヨガの先生の本




        


        
「草花木果」、本当にいいのかな?と思ってお試し中。たしかに気持ちいいです。


 

        
吹き出物の私はどくだみシリーズ。よいかも。↓

    
 

        
ただいま、実施中!

        

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちら、ご無沙汰しております。ノラドラです。

どうも「ノラ家」でエネルギーを使い果たしちゃって、更新が滞ってごめんなさい。

でも、ヨガの実践は続けています。ただいま千日行は550回です。

先日ヨガでまた一つ発見がありました。それは

30代も終わりに近づく私、想像以上に身体のあちこちの筋肉が委縮している!ということ。

たぶん一番柔軟性のある10代、20代に比べると、体育なんて授業も今はないわけで、
意識して使わない限り、体中の筋肉がギシギシと縮こまって、委縮し、固まり、すごいことになってるんだなぁと思いました。

なにもしないと筋肉はやせ衰えて退化していくのね…

だから、もっと歳をとると、足を上げる筋肉も衰えてちょっとした段差ででもつまづいてしまうし、
くしゃみすると、失禁してしまうようなことにもなっていくのですね。。。。

オソロシイコトダ。。。


この前、ヨガ教室で伸ばした重要な筋肉、これはよいわーと思ったので紹介します。

●大胸筋を伸ばす(横臥の実践)

1.右下横向きにまっすぐ寝ます。

2.上になっている足(左足)を90度に曲げて前の床におろして、足の裏を右大腿部につけます。

3.左手を左足のひざに乗せます。

4.最初の膝の上の手の位置と対角にある場所(180度の位置)に左手をのばしてもっていきます。
  そこが大胸筋が一番ひっぱられるところ。

5.ビーンと響く場所を探して、しばらく大胸筋を伸ばす。

6.反対側(左下に寝て)もやってみる。

どえらい痛いですよ。いかに大胸筋が縮んでいたかわかります。



猫背の人、肩が胸の面よりちょっと前になっている人は、確実に大胸筋が縮んでいます
(それは、ワタシ!)。
大胸筋が縮むと、胸に張りはなくなるし、深い呼吸もできなくなるし、免疫力が下がるそうです。

いいですか、先生もはっきりおっしゃっていたけど

大胸筋を伸ばすと、免疫力が上がるんですよ

だから、今さらながら、姿勢をよくするって大事なんですね。

これをやると、とんでもなくこの場所がギシギシと縮んでいて、痛いわぁ、ビンビン響くわぁという場所が見つかります。

これ、肩こりにもいいんだそうです。肩こりって肩をなんとかしなければ、って感じだけど、肩こりを治したかったら大胸筋を伸ばすのがいいんだって。

寝る前にやると、不眠症の人は、かなりいいですよ!私、以前に先生に教えていただいていいかげんあやりかただったけど、やっていましたもん。だから眠れるようになったのかも。



●大腿二頭筋を伸ばす


おしりの下、太ももの裏の筋肉です。普段の生活に太ももの裏を伸ばす動作はすくないそうな。

でも、ここの太い筋肉が委縮すると、足が上がらなくなるそうな。

どんなに委縮してるか、まあ、やってみてくださいな(^-^;)


story215-1.jpg



<パート1>

1.足を延ばして座る(長座)

2.左足を引き寄せて膝を外側に倒し、足首を右太ももに乗せる。

3.足の裏(甲)をつかんで胸から少し離れたところに高く持ち上げようとする。
  常に、背中が曲がらないように、胸は張ったままにしようと頑張る。

4.その状態から足の先を胸に近づけようとする。

4のところを、胸の中央に近づけたり、左胸に近づけたり、右胸に近づけたり変えてみるんです。

<パート2>
1.2.は同じ。
3.足のくるぶしあたりの下を両手でささえて、両手で足を上へ押し上げようとする。

(一番支えやすいところを持って、とにかくfootの部分を上に上げようとするだけです)

ちょっと膝に負担がかかるので、膝の悪い人は無理しないでください。


教室でこれをやったら、人によって、ものすごい差が出ます。
軽々足が上がる人、私のように、太い筋肉がクキキーと抵抗して足がまったく上がらない人。

上がらないのは、大腿二頭筋がまったく伸びない人。

先生ったら、私を見てニヤッと笑ってました!!(- -;)


ここまでの差が、人によって出るなんて、視覚的に見てしまった私は、
日々、委縮し死にかけている大腿二頭筋の柔軟性を取り戻すべく、今、毎日取り組んでいるのでありました。


家に帰ってから、母と姉にやってもらうと、母は私よりはマシ。

姉に至っては先生なみに高々と、軽々と上がるので、私は驚愕してしましました。

教室でもそう感じたけど、どうもお尻が大きくて、みるからにほんわりと柔らかそうな人は大腿二頭筋もしなやかでよく伸びるみたいな感じ。

やせ形でおしりも乏しい人、見た目も枯れている人は大腿二頭筋もカンピンタンになっている感じ。

(いや、まだ私、枯れてないけど…(- -;))


ここを見たみなさん、ぜひ、やってみてやってみて~(><)。

文章だけではわかりにくいので、後日ノラドラ絵をアップしますだ。


↓よろしければ(^ ^)
ranking1.gif



ぴーなつ母さん、ねこきちさん、メッセージありがとうございました。元気をいただきましたよ(^0^)
スポンサーサイト

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。