虚弱だったノラドラが本気で心身の自己改善に乗り出し、どんどん元気に幸せになっていく実録ブログ(のはず)。なんと、ブログ連載中にアラフォーで結婚。またも体調を崩しぎみ。これではいかん!頑張るぞ~!
プロフィール

のらどら

Author:のらどら
ノラドラです。「今どき一家 ノラ家の日常」では一足お先にお世話になっています。ここはノラ家の次女、ドラの、まったりプライベートなコーナーです。よろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

PR

☆ノラドラセレクト☆


私が実践中!(^-^)


これまでに記事で紹介した本などのまとめ


私もやってる宝地図。部屋に貼ってます。(^-^)。



 
       
難しいけどすごい本です


 

        
お掃除で開運する本!




      
私のヨガの先生の本




        


        
「草花木果」、本当にいいのかな?と思ってお試し中。たしかに気持ちいいです。


 

        
吹き出物の私はどくだみシリーズ。よいかも。↓

    
 

        
ただいま、実施中!

        

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。「ノラ家」のノラドラです。

ここのところ、シリーズで今年の成果を総括しています。
連続更新しようと意気込んでいましたが、無理でした。ゴメンナサイ(^-^;)。

今日は<婚活編>です(笑)。

今年はたくさんの人に会いましたが、終わってみれば、印象に残っている人はみな、とにかく一生懸命、精一杯生きている人でした。

相手さんがいる話なので、細かいことは書けませんが、今年一番印象に残った男性のことだけを書きます。


ちなみに、私は自分が初婚なのでお相手の方は「初婚の方」と希望を出しています。

でも、その方は、結構大きい息子さんがいる離婚歴のある人でした。

お申し込みをいただいて、写真も文章の書き方もあまりにもよかったので、うーん…と悩みました。

難しい年頃の子どもさんがいるというのは、かなり初めから苦労をする可能性が高まります。

しかも、その人が「凄すぎて」、逆に「私なんて、無理!」って引いてしまうくらいの人だったのと、他にも初婚の人からの申し込みがたくさんあったので迷っているうちに時間切れになりました。

(3週間たつと、自動的に相手に×の返事が送られてしまうのです。)

でも、どうも気になる人だったので、意を決して今度は自分から申し込んでみました。
この人のプロフィールを見たとき私とはご縁はないような気がするけれども「会わなければならない」と感じたからです。

結論から言うと、2回でお会いして終わってしまいましたが、この人には大変な影響を受けました。

並々ならぬ精神力の強さに圧倒されて、タジタジでした。

その人は、一流電機メーカーの企画経営をされていて、非常に立派な方で、聞けば大変多忙な方でした。見た目もハンサムで見るからにレベルの高い人でした。

遊ぼうと思えば遊べるくらいの容姿なのに、その人はもう何年も結婚がしたくて相談所に入っているようです。話をしていると、真面目でなんとなく品のある人でした。
(ちなみにその人の希望にも「上品な女性」と書いていました。←その時点でヤバイ。。(^-^;))

(私は初対面では上品に振舞いますが、地は上品ではありません。。。(^-^;))

大変仕事のできる人のようで、もともとは理系技術者出身でありながら企画経営に抜擢された人でした。非常に自分に厳しく、目先のことにとらわれず大局的にものを見ることのできる仕事の姿勢にも感銘を受けました。

でも、この人の一番偉いところは、


息子さんに必ず自分でごはんを作り、どんなに寝るのが

遅くなっても毎日5時半に起きて息子さんにお弁当を作っていたことです。

家事をすべてちゃんとやっていたのです。



たとえば、どうしても作る時間がなくてスーパーで出来合いのものを買ってきたとしても、必ず、普通のお皿に盛りつけて、ひと手間くわえてから食べているそうです。

わかっていても、ついつい買って来たままのトレーで食べたりするのが男性だと思っていた私には、驚きでした。本当にこの人はそういうちょっとしたことが大切であることを知っている人でした。

わかっていても、ついつい息子にお金を渡して「これで食べておいて」となってしまうものなのに、その人は「それをやったら、絶対にグレる。」とわかっていたのです。

親としてほかに代わりはいないから、家事を含め、精一杯のことをしようとしている人でした。

わかっていてもできないのが人間なのに、この多忙さでそれを実際にやることの難しさを思うと、この人の凄さがわかります。

去年までは実家にいて、今年の初めに息子さんと二人で暮しはじめ、慣れない料理に挑戦し、失敗も多かったそうですが、たまに息子さんが「めっちゃうまい!」と言うと思わずガッツポーズをする、とおっしゃってました。

忙しさを理由にしないでそこまでのことをする、というのはすごいことです。



それと、もう一つ。

その人は40代半ばでしたが、まだ独身に見えるほどの容姿をしていました。

「おなか、全然出てませんね。」って言ったら、


「だって、僕、まだ商品ですから。」


と言って笑っていました。


「ちゃんとしてないと、売れないでしょ(笑)。鍛えてます。」





私は、



真似、できん~!!わかっているけど、そこまでできん~!!



と心の中で思いました。



その人は、非常に素敵な人で、これまで会った中では唯一ときめく人でしたが、とにかく、自分がしんどいのです。完璧すぎて怖いのです。

自分に厳しい人は、人にも求めるレベルが高そうで。

この人といると、私なんて怠け者で怠け者で恥ずかしいくらいなので、
自分がのびのびできずに卑屈になってしまうのです。

自信がまったく持てないんです。

しかも、なぜか自然な感じに打ち解けられない…。

素敵な人でしたが、相性はよくなさそうでした。


あちらから見ても、やはり私ではなかったようなので、察した私が

「○○さんには私じゃないでしょ?」と言って、話し合って終わりにしました。

ご縁はないと最初からうすうす感じていましたが、それでもその人には気に入られなかったことはやはり痛恨でしたが、私には良い経験でした。

いろんな人を見たけど…

上には上がいる。

もっともっと頑張っている人がいる。


と思いました。自分の甘さを知りました。

自分ができる限りのことをして生きていないと、自信が持てないんだということをその人から学びました。

いろいろなことを乗り越えてきたつもりが、自分はまだまだコンプレックスだらけで、実は卑屈だったんだということを、思い知りました。

自分の心の中を見つめなおすことができました。

今年一番印象に残った人だったのでとても感謝しています。

だから来年はきっともっと自信が持てるように頑張ろうと思います。

でも、無理をしないで自然体でいられる人が一番ですけどね(^-^)。




↓よろしければ(^ ^)
ranking1.gif



スポンサーサイト

テーマ:独身女性の物語 - ジャンル:独身・フリー

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。